害虫防除サービス
◆ 一般的な厨房
厨房には、食材・調味料・食器・冷蔵/冷凍庫・ガス器具などさまざまなものがあります。単に見かけたゴキブリを退治するだけでは安心することはできません。なぜなら、そのゴキブリは見つかった場所に住んでいるわけではなく、他の場所に巣があってそこから食べ物を探しに出てきただけだからです。ですから重要なのは、巣を見つけ出して元を断つことです。

では、ゴキブリはどのような場所に潜んでいるのでしょうか。
厨房風景
◆ ゴキブリが潜んでいる場所
すぐに食べ物があるところと思いがちですが、潜んでいる場所はそこではありません。とにかく暖かいところ、特に電気周りに巣を作ります。冷蔵庫など電源付近、コンセント、パッキンの隙間、電話の受話器など “まさか?!” と思うような場所に潜んでいます。
電源付近 コンセント パッキンの隙間
下記のゴキブリは、たまたまそこを歩いていたわけではありません。黒い点はゴキブリの糞ですから、ここは明らかに巣であることがわかります。
では、どのように駆除すればよいのでしょうか。どうしたら発生を防ぐことができるのでしょうか。
電源付近のゴキブリ ガスコンロ付近のゴキブリ 電気系統付近の糞
ここに注目!
◆ 当社独自の施工@【調査】
ゴキブリの巣は、当然人目のつかない場所にあります。ですから、電気器具のパネルを外さないなら到達できません。通常の業者は、見えるところや隙間のみ施工するだけです。このように中途半端に駆除すると、ゴキブリは奥へ奥へと移動してしまい、そこで繁殖して以前よりもひどくなってしまいます。 しかし、当社では下記のように器具のカバーを外し、どこが巣なのか特定してから施工します。巣を壊滅させると、外からの進入を防げば増殖することはありません。ですから最初は手間がかかりますが、確実の防除できるので、その後のメンテナンスが非常に楽になります。
冷蔵庫の天板 電気の基盤部分
◆ 施工A【毒餌】
これは、ガンでゲル状の毒餌を注入しているところです。この毒餌は人畜無害ですが、ゴキブリには効果があります。
冷蔵庫の天板 コンセント パッキン
ここに注目!
◆ 当社独自の施工B【アクチゾールによる防除】
通常の業者ではこの作業を安価な噴霧器で行いますが、当社では他ではあまり使われていない「アクチゾール」という機械を使います。この機械は外国製で、現在扱っている会社が限られているためあまり知られていません。高価な器具ですが、確実な防除のため取り入れています。この機械を使うと殺虫剤のカプセル(肉眼ではわかりません)を隙間の奥深くに噴霧できます。殺虫剤のカプセルは、カプセルを破らない限り、殺虫剤の効果は半永久的に続きます。

まず、この機械でゴキブリが通りそうな場所や住み着いている壁の隙間などに散布します。ゴキブリがこの「殺虫剤のカプセル」の上を通過すると、カプセルが破れます。ゴキブリは腹側で呼吸するので、殺虫剤を吸い込み死にます。また、殺虫剤のついた手足をなめて死にます。
冷蔵庫の天板内 電気の基盤部分 器具の下
ここに注目!
◆ 年間契約のお勧め
当社では、責任施工のよる年間契約をお勧めしています。年間契約では、ゴキブリが再発生したかどうかにかかわりなく、年4〜6回定期的な調査に伺います。その時に防除の必要が認められた場合には処置を施します。また、ゴキブリが再発生した場合には、契約期間内であれば10回でも20回でも処置を致します。ですから追加費用を心配することなくお任せいただけます。
※実際には、高い駆除率のため定期調査以外にお伺いする必要は生じません。 ご質問や詳細は、「お問い合わせ」よりお気軽に…